鳥取の冬 雪と市場

シェアする

2月。

この年は雪がたくさん降りました。

庭の木にこんもりと雪がつもる姿はいつ見ても

風情があるなあと感じます。

モフモフの二重あご‥いやいや冬毛があったかそう。

こどもの頃は雪が降るたびテンション上がって駆け回ってたナミキも

ずいぶんと落ち着いた様子。

と思ったけどやっぱりこどもと大はしゃぎ。

積もったばかりのふわふわの雪に足跡をつけるだけでもたのしい。

じいじとばあばが雪うさぎを作ってくれました。

左がばあば。右がじいじ。

秋に拾ったどんぐりを洗って乾かしてるところ。

ふとっちょどんぐり、スリムなどんぐり、しいのみ。

色々あります。

境港の市場、鮮魚、干物、カニ、さざえ、いか。

高級魚ののどぐろもありますね。

沢山の新鮮な海産物が並んでいて雰囲気だけでも

たのしいです。

近所のスーパーでは見た事のない、どうやって食べるのか

不思議な魚もいっぱいです。

ひんやりしていて海の香りがいっぱいで

魚屋さんによっては小さな水槽もあるのでこどもも興味津々でした。

11月ごろになると境港のかに漁が解禁になります。

さすがカニの水揚げ量日本一!

大きなカニがいっぱい並んでいたので、

この日はカニを買って帰りました。

磯の香りと塩気をまとったカニ身は

ジューシーでやわらかくコク深い。

とっても美味しく食べました。