鳥取の春 ナミキと牡丹園

シェアする

5月。

花がいっぱいの季節になりました。

この花はなんだろー。

青っぽい紫がとってもきれい。

こどもの頃「紫の花びら」を持ってると

幸せになれるっていうジンクスがあって、

毎年拾った思いでがあるけど、

これはどうかな。

紫にカウントオッケー?

こちらは大根島 由志園の牡丹。

住所は島根県の松江市になりますが、

境港駅から由志園までシャトルバスも出ていて

時間も20分くらいでつきます。

中海に浮かぶわずか12キロの小さな島で

年間180万本もの牡丹が生産されているそうです。

4月〜5月のゴールデンウイークのあたりは

まさに花の島。

やさしい香りいっぱいに広がる色とりどりの牡丹が

鑑賞できます。

大きいので、迫力満点。

牡丹ももちろん日本庭園も見応えたっぷり。

子どもは鯉のえさやりが楽しかったようです。

春の日のナミキ。

まだ冬毛なのかあごのあたりがもこもこしてます。

ナミキのおやつ係のむすめ。

後ろで弟が指示を出してるのをちゃんと聞いてるナミキ。

賢いね〜。

水やりがお仕事の娘。

芝生にもお花にも沢山水をやるところがあるので、

大変。いっぱい大きくなあれ。

娘「ねえねえ、なにしてるの〜。」

ナ「見張りだよ」

一緒にパトロール!